誰でもできるか動画制作

動画を撮影する機材

動画を撮影するにはカメラが必需アイテムですね。
一般的にはスマホで撮影する人が一番多いでしょう。
スマホカメラの機能はかなり高く、日常の動画撮影はスマホで充分と言えます。
画像制作のプロと言われる人たちはデジタルカメラ、中でも一眼レフカメラはとても人気です。
光の調整という面を考えるとその大きさ重さからもスマホとはずいぶん差が出てきます。
光の量で人物画像などは出来栄えに差が出ます。
影ができたり逆光で暗く映ったりしますね。
画像の情報センサーが広く、拡大した時に劣化がありません。
スマホで拡大画像を撮影したことがある人は眼で見た時より出来上がりの画像がぼやけてしまったという経験があるのではないでしょうか。
景色の撮影では顕著な違いを感じることができます。

状況に適したカメラ

家庭用のビデオカメラが既にあるのであれば動画も手振れの不安もなく撮れます。
動きながらも綺麗に撮影できバッテリーも長時間もつのでメリットが大きいと言えますが、夜間撮影にはあまり適さないとも言われています。
動作の大きい動画ではアクションカメラが対応できます。
水中撮影もできるので、サーフボードに取り付けしてスリリングな動画が撮影できます。
車やバイクに取り付けるというと最近はドライブレコーダーを思い浮かべますが、ドラレコをアクションカメラとして使っている人もいるそうですよ。
ヘルメットなどに装着してライブ動画も取れてしまいますね。
ただ肝心の運転中に作動しないなどには充分気を付けて。
アクションカメラもそんなに高額ではないので目的に応じて揃えるのもいいですね。


このコラムをシェアする