プロは何で動画を撮影するか

支える三脚

動画撮影には無くてはならないものの一つに三脚があります。
カメラの種類にもよりますが重量があるカメラでは、やはりしっかりとした安定性の高い三脚が必要でしょう。
スマホにはアウトドアーのシーンなどで色々な場所に巻き付けることができるタイプの曲げることができる三脚がお勧め。
スマホの三脚で人気なのはやはり軽量でコンパクトというのが条件かと思います。
価格も安価なものが多く、持ち運びに抵抗ないアイテムです。
たいていはリモコンも付いているので使い勝手は良いと言えます。
対応としてデジカメや一眼レフカメラも含まれていても重さのあるものはやはり避けた方が無難かもしれません。
くねくね曲がるものは若干壊れやすいというデメリットも考慮に入れておきましょう。
いずれにしても三脚があると撮影範囲が広がりますね

ジンバルやセルカ棒

ジンバルは撮影中の手ブレを補正してくれるアイテムです。
山道や散歩途中の風景、歩きながらの街並み撮影などもかなり綺麗に一緒にその場で歩いている様な撮影が可能です。
折り畳み式もありリュックに入れて旅行もできます。
しっかりした三脚は結構重量もありますから持ち運びは大変ですがジンバルは軽量ながら三脚になるものもあります。
セルカ棒は自撮り棒のことですがジンバルに比較すると手ブレが残りやすいと言われています。
特別歩きながらの撮影ではなく高い場所や、のぞき込めない深い崖などから撮影する場合は便利と言います。
360度回転、もちろんリモコン付きです。
ジンバルもセルカ棒も違いは極端には無いようですがジンバルには撮影者の動きに合わせるセンサーがついていて、上下左右に回転します。
価格的には機能にもよりますがセルカ棒は1000円程度からジンバルはカメラ機能がついていたりすると10倍以上は高めになります。


このコラムをシェアする